HOME > ダツトリ・脱トリ > ダツトリカラーはエンパ美髪カラーなので脱トリートメント環境で行います。

ダツトリカラーはエンパ美髪カラーなので脱トリートメント環境で行います。

ダツトリカラーはエンパ美髪カラーなので脱トリートメント環境で行います。

さて、皆様は、カラーを行えば美容師の方から特殊トリートメントを勧められませんか?

しかし、エンパ®(艶羽)は脱トリートメントを勧めています。

ここでは、毛髪がなぜ乾燥したりうねったりするのか徹底的に分析をしお知らせしていきます。

本来、カラーを行うと薬品影響により毛髪が膨潤します。

そして、毛髪内部に薬品が入り込むわけですが、この時に出来る薬品だまりがダメージホールとなります。

エンパ®(艶羽)は、このダメージホールをしっかりケアーしながらダツトリカラーを行います。

そのことにより、毛髪内部にダメージホールを固定しないで済むのです。

ダツトリカラーはエンパ美髪カラーなので脱トリートメント環境で行います。

ダツトリカラーとは一体何か?

ダツトリカラーは、一般技術が特殊トリートメントでダメージホールの機能を抑制するのに対し、ダツトリの場合は、化学反応でダメージホールを閉じる作業を行います。

このことにより、毛髪に入った色味は安定し、色落ちの少ない、また、美髪効果の高いカラーに仕上がります。

よって、縮毛矯正のダメージにしてもカラーのダメージにしても、しっかり対処できれば、良い状態を維持します。

だから、特殊トリートメントは必要なく脱トリートメントが言えます。

何らかの特殊トリートメントは、カラーで出来るダメージホール内に入り込み中で固まるため、ダメージホールは固定されます。

すると、日常生活で抜け出し、その後カラーを行うと確実に以前の大きさより大きく成長します。

これを繰り返すのが、一般カラーです。

しかし、エンパ®(艶羽)のダツトリカラーは、常にダメージホールの対処が行っています。

だから、ダメージ抑制に効果的な結果を出します。

ダツトリカラーはエンパ美髪カラーなので脱トリートメント環境で行います。

ダツトリカラーはエンパ美髪カラーなので脱トリートメント環境で行います。

ノートリ美髪カラーとは一体何か?

ノートリ美髪カラーも、エンパ®(艶羽)が提案しているネーミングです。

何しろ、特殊トリートメントは毛髪に入れてはいけない!

疑似作用の美髪など一時にすぎないです。その後ダメージホールはどんどん成長していきます。

なので皆様の髪はいつまでたっても美しくなれません。

だから、特すトリートメントを入れなくともダメージが消える技術を作りトリートメント排除をしています。

そして、このノートリ美髪カラーも、ノートリートメントを実現しているカラーとしてご紹介しています。

ダツトリ髪質改善とノートリ美髪カラーの相性は抜群

例えば、一般的な髪質改善では、アイロンの引き延ばしがきついため毛髪が細くなっていく!

そして、酸性系薬品を毛髪に入れてしまうので毛髪が固化しカラーが入りずらくなる。

さらに、カラーを入れるために時間を置くと、内部の酸性系薬品の維持が切れ、膨潤が始まり過度な解離が始まる。

だから、髪質改善で髪質を本当に改善しているのかと言われるわけです。

しかし、ダツトリ髪質改善としてのエンパ®(艶羽)技術では、全ての弱点を克服しているのでこのようなことが起こりません!

そして、カラーもノートリ美髪カラーもしくは、ダツトリカラーで処理なので完璧な美髪技術となります。

エンパ美髪矯正はダツトリ・ノートリ技術です

エンパ美髪矯正はダツトリ・ノートリ技術です。

何しろ、毛髪に異物を入れることが悪いので、その前に美髪に整えるダメージレス技術を完成させてしまえというのがエンパの技術です。

ダメージレス技術、ノーダメージ技術であれば、特殊トリートメントは必要ないわけです。

入れてしまって、ダメージホールを広げることもないわけです。

エンパ美髪矯正は、ダツトリ・ノートリを守り技術進化を怠らない美容師の集まりです。

ENPANI News

» 過去のTwitter News

エンジェルパニック 口コミ レビュー エンジェルパニック メディア掲載情報
エンパニ商品の注文フォーム 会員限定

つや髪を保つために!
知っておきたい基礎知識